人間2人、猫2匹、犬1匹の生活
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
おくりびと

昨日、今話題の“おくりびと”を観てきた。平日だというのに人がいっぱい。みんなミーハーだね(お前もな)。
いや〜、泣けた泣けた。モッくんは好きぢゃないし、何度も観たいかって言われると別にそんなでもないけど、とにかく泣けた。あの宗教問わずの日本的な感覚がアメリカ人に通じるのかどうかは疑問だけど、賞を獲れたのはとても喜ばしいことだね。

映画の中の火葬場のシーンでは、死んだサビのその時のことを思い出した。今までおじいちゃんおばあちゃんのお葬式にも出席したのに、思いだしたのは何故かサビのことばかり。なんでだろー。
結局のところ、映画で泣けたのかサビのことで泣けたのか自分でもよくわからないけど(それでいーのか)最後のシーンはかなり泣けますぞぃ。



映画 comments(6) trackbacks(1)
スポンサーサイト
- - -
Comment








そうですか。泣けますか。これは、見に行ったほうがよさそうですね。
所で、受賞の理由について、下記のような指摘をする方もいます。

実力で受賞したと信じたいですが、とても重要な話だと思うので、
念のため気に留めておいて頂ければ幸いです。
----------------------------------------------------------------------
* 日本が置かれている国際的環境は、
ロシアも 米国もすり寄ってくるほどの人気ものになっています。

その客観的状況を解説しないメディアしか持ちえない日本は不幸の極みです。

現在の日本は、米国発の リーマンショックの世界同時不況で、
確かに不景気ですが、今後の世界経済を立て直すことに必要な、
環境技術力と郵貯に代表される金融資産を潤沢に持っています。

ハゲタカファンドが、ハエエナに変わっただけで、
欧米は虎視眈々と世界の富の収奪を狙っているのです。

クリントン国務大臣が、わざわざ来日して、
麻生総理へ ホワイトハウスの招待状を持って来ることも、
メドベージェフ大統領が 樺太に招待することも、すべて米ロの国益にかなった行為です。

昨年、 ノーベル賞日本人3名(+1名)同時受賞も、欧米社会の国益重視が見え隠れします。

それは、これから実施される国際貢献との大義名分のもとに、
日本の金融資産と環境技術の国際的収奪を覆い隠す、雰囲気作りの一貫に思っています。

その流れで考えると、これから発表される アカデミー賞外国映画賞を、
日本の「 おくりびと」が受賞するように思えてくるのです。

ネットだけ転載フリー http://www.freejapan.info/

ジャーナリスト・水間政憲
from. 通りすがり | 2009/02/26 19:02 |
受賞のことは別にして、見てみたいって思ってたけど、
まだ映画館でやってるんだ。。。(映画に疎すぎるワタシ)
DVDが出たら見てみようっと。(映画館が嫌いなの。。。)

ニンゲンとペットとを比較する次元じゃないだろうけど、
生活の場面ごとに思い出す機会って色々だから
今回サビちゃんを思い出したってのも自然なことなんだろうね。
死の別れって嫌だけど、いつかは誰もが通る道やもんね。。。
from. ペル | 2009/02/26 23:34 |
通りすがりさん

コメントの内容について、私は何も返答できませんが、
ブログを見てくださってありがとうございました☆
from. rie | 2009/02/27 17:31 |
ペルさん

おくりびと、まだ映画館でやってるよー。
まぁなかなか良い映画なんぢゃないかしら。
でもね、観に行ったのが平日お昼間だったせいもあるだろうけど
劇場の平均年齢は50歳超えてたね、きっと。

映画の題材が、誰もが例外なく関係してくることだから、
映画観ながらそれぞれにいろいろ思い出すんぢゃないかなぁぁ。
思い出して泣けてくることもあるけど、思いだすことは嫌ぢゃないわん。
from. rie | 2009/02/27 17:40 |
今日2時チャオでもやってたよ。
職場でも見た人が居て良かった〜って言ってた。

あたしも明日言ってこようかな〜。
泣いて、デトックスしたーい!!

※ちなみに映画館、喫茶店、全然お一人様OKなオンナですw
from. haru | 2009/02/28 01:29 |
ハルさん

コメントの返事遅くなってごめんなさいっ!!

おくりびと、もう見たかしらー?
泣けた?
from. rie | 2009/03/10 21:12 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kfamilydiary.jugem.jp/trackback/10
「おくりびと」22日に旧平田町のシアターOZで「おくりびと」を観てきたばかり。 この映画を観るのは、正直、抵抗があった。おととしに母親をおくったばかりなので、思い出したくなかったのかも知れない。 だけど、「おくりびと」を観たあとは、それが思い過ごしだと .
| エンタメエブリディ | 2009/02/25 23:00 |
<< NEW | TOP | OLD>>